妄想を働かせるコンテンツ

店舗を構えている、風俗店は、お店自体の存在が、宣伝になります。

利用しない人に対しても、

あそこに風俗店があと認識されていれば、

風俗に行こうと考えた時に、場所が解っているお店は、有利になります。

ですが、デリヘルはお店がありません、

お店の存在を知って貰う為には、ネットが有効的でしょう。

デリヘルというビジネスは、

インターネットビジネスのジャンルの1つだと考えています。

デリヘルは、派遣型ですからリアルな店舗を持ちません。

その代わり、デリヘルにとっての店舗とは、ホームページになります。

いかにこのホームページにたくさんのお客を集め、

そして、企画・ネーミング・キャッチコピー

女性の写真などのコンテンツを通じてユーザーの性欲を刺激し、

脳内を妄想で膨張させて、申し込みのアクションを起こさせるか

というのが、ビジネスモデルとなります。

これは、インターネットで食べ物を売るような、

いわゆる、ネットショップと変わりません。

今にもよだれが出そうなくらい美味しそうな写真、

食欲を刺激するキャッチコピーなどで演出すると同時に、

デリヘルのホームページでは性欲をそそるような女性写真やプロフィール、

そして脳を刺激してプレイ

妄想を働かせるような企画コンテンツがポイントになります。

食欲と性欲は人間の三大欲のうちの2つですが、

これらはユーザーのアンテナにひっかかると

反応がダイレクトに返ってきて結果も出しやすいのが特徴的です。

お店にとっての大切な商品である女性をいかに魅力的に表現

演出するか。デリヘルの場合は顔出しNGの女性の方が多いですから

そのハンデがありながらも、

いかにお客を誘引する写真を撮影できるかもポイントとなります。

ネットを有効利用しているお店で参考になるお店は、

売り専です、このお店のサイトとかを見ると良いですよ。