セシウムの吸着剤

あの大震災から2年・・・
どうにか余震もだいぶ治まってきて
なんとか落ち着いてきたかな?ってカンジですが
まだまだ余震には気を付けておいた方が良いですね。
またいつデカい地震が来るとも限らないので・・・
気を付けるに越した事はないのでしょう。
そして、今回の地震で一番国民が驚いたのは
原子力発電所の危険性でしょうね。
まさか、あそこまで簡単に壊れるような
危険な物だったとは・・・。
原子力の安全性とは一体なんだったのか・・・
あの福島第一原発の水素爆発を
テレビで見た時は絶望した事を今でも覚えています。
原子力発電所が爆発なんて
一番あってはいけなかった事でしょう。
あの時ばかりはショックで
群馬 風俗で遊ぶ事すら
躊躇ってしまいましたね・・・
それで最近発覚したのは
福島第一原発の近くの山のサルの白血球が
異常に減少しているんだとか。
サルの遺伝子と似ている人間も
同じような症状が出るのは間違いないでしょうね。
これはチェルノブイリと似たような現象らしく
やはり放射性物質は確実に人間の体を蝕んでいるのです。
ただ、チェルノブイリと違うのは
地震があって三ヶ月の間に福島の乳製品を
直ぐに出荷停止にした為にそこまでの被害は
出なかったという事。
チェルノブイリでは乳製品の出荷が禁止に
されていなかった為にあそこまで被害が
拡大されたと言われていますからね。
そして、最近は日立からセシウムや
ストロンチウムを99%吸収する吸着剤が
開発されましたね。
これがあれば原発の廃炉作業の効率も
格段に上がるのではないでしょうか?
海水とかの汚染にも使えるようだし
早く実行に移さねばなりませんね。
作業員さん達の無事を祈りながらも
一日も早い原発の収束を祈っています。